2台目もバイク保険の契約は必要?何か割引はある?

投稿日:

シチュエーションや気分に応じて乗り分けるためなどの理由でバイクの2台持ちを検討している人もいると思います。2台目のバイクを購入した場合、新しく買ったバイクの任意保険は別途契約が必要なのでしょうか?また、2台とも必要な場合、何か割引はあるのでしょうか?

バイク保険は2台とも契約が必要

バイクの任意保険は1台目の契約を2台目にも適用するということはできず、2台とも契約する必要があります。2台目の方は新規契約となり、6等級からのスタートとなります。

2台とも必要となると「自賠責だけでもいいか」と考える人も出てくるかもしれませんが、任意保険に入らずに自賠責保険だけでバイクに乗るのはよほどの富豪でない限りはお勧めしません。自賠責のみだと対物賠償の補償がされず、対人賠償も金額の上限があるので賠償金を支払いきれない恐れがあるからです。自動車でないから賠償額もそこまで大きくならないと思っているのであればそれは勘違いです。歩行者をはねてしまって死亡させたり重い後遺障害を負わせてしまったりした場合には1億円を超える賠償も考えられます。自賠責のみでなく任意保険にも加入しましょう。

ファミリーバイク特約の場合は2台目も補償される

1台目が原付バイクでバイク保険ではなく自動車保険のファミリーバイク特約を契約しているという場合、2台目として原付バイクを追加しても別途契約せずともファミリーバイク特約の補償対象となります。

ファミリーバイク特約では、自動車保険の記名被保険者(車を主に運転する人)と配偶者、同居の親族、別居の未婚の子が原付バイクを運転中の事故でケガをした場合や事故の相手方に対する法律上の損害賠償責任が生じた場合に保険金が支払われます。補償対象が特定の原付バイクというわけではないので2台目を追加しても補償対象となります。また、原付バイクであれば借りたバイクでも補償を受けられます。

なお、2台目に追加したのが原付バイクでないという場合には別途バイク保険の契約が必要です。

原付バイク
原付バイクでも任意保険は入った方がいい?
車やバイクに乗る場合は自賠責保険だけでなく任意保険にも入るべきだとは広く伝えられています。しかし、原付バイクの任意保険加入率は実態としてかなり低くなっています。 ...

続きを見る

2台目は何か割引を受けられる?

世間には複数の契約をすると2契約目以降は割引が受けられるようなものが多くあります。バイク保険でもそうした割引がある保険会社があります。

複数台割引・キャンペーン

同じ保険会社で複数台のバイク保険を契約すると保険料の割引を受けられたりギフトカードがもらえたりする場合があります。条件や割引額などは保険会社によりそれぞれなので複数の保険会社を比較してみるとよいでしょう。バイク2台ではなく自動車+バイクという組み合わせでも割引やキャンペーンが適用となる場合もあります。

ノンフリート多数割引

主に代理店型の保険会社で採用されている割引ですが、契約者が自身や配偶者、同居親族の2台以上の車やバイクを1保険証券にまとめて契約することで「ノンフリート多数割引」を受けられる場合があります。保険料を支払う人が誰か代表者1人となる、保険始期日を合わせる必要があるのでそのために満期前に1度解約すると等級の進みが遅くなる場合があるなどの注意点はありますが、家族で同じ保険会社にまとめたいという場合は便利な割引でしょう。ただし、ノンフリート多数割引があるのは代理店型の保険会社なので、ノンフリート多数割引がなくてもダイレクト型で契約するほうが安くなることもあります。

セカンドカー割引

1台目のバイクのバイク保険が11等級以上の場合で、2台目以降のバイクを新たに契約する場合、一定の条件を満たせば通常6等級からのところ7等級から契約することができます。すべての保険会社が採用しているわけではありませんが、セカンドカー割引が適用されれば通常よりも高い割引率の等級で契約することができます。

バイク保険でセカンドカー割引が適用される条件は以下の通りです。

  • 1台目のバイクの等級が11等級以上であること
  • 2台目のバイクが今回初めてバイク保険を契約するバイクであること
  • 2台目の契約の記名被保険者が個人で以下のいずれかであること
    • 1台目の契約の記名被保険者
    • 1台目の契約の記名被保険者の配偶者
    • 1台目の契約の記名被保険者またはその配偶者の同居の親族
  • 2台目の契約の車両所有者が個人で以下のいずれかであること
    • 1台目の契約の車両所有者
    • 1台目の契約の記名被保険者
    • 1台目の契約の記名被保険者の配偶者
    • 1台目の契約の記名被保険者またはその配偶者の同居の親族

なお、バイクと自動車の間でセカンドカー割引の適用を受けることはできません。自動車が20等級、1台目のバイクが9等級という場合、2台目のバイクを購入しても1台目のバイクが9等級なのでセカンドカー割引の適用はありません。

補償の重複に注意

2台目のバイク保険を契約するとき、特約などを1台目と同じように契約すると補償範囲が重複して保険料の無駄払いが発生する可能性があります。補償の重複が起こる可能性があるのは、人身傷害補償特約(一般タイプ)や弁護士費用特約、個人賠償責任特約(日常生活賠償特約などの名前の場合もあり)などです。これらの補償は契約のバイクに搭乗中のみの補償というわけではなく、複数台のバイクのバイク保険で契約すると補償範囲が重複してしまいます。補償が重複していても損害額以上に保険金を受け取れるわけではないので、重複を解消して保険料を安くしましょう。

まとめ

2台目のバイクを持つ場合、1台目のバイクでバイク保険を契約していたとしても2台目の分のバイク保険の契約をする必要があります。保険会社によっては2台とも同じ保険会社で契約することで割引などを受けられるところもありますが、割引前の保険料が高ければまとめない方が得ということもあり得ます。保険料を安くしたいのであれば複数の保険会社を比較して最も条件の良いところで契約するのが良いでしょう。

  • この記事を書いた人
インズウェブ

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険のみならずバイク保険に関する様々なお役立ち情報も提供しています。

\バイク保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.