シミュレーションをしてバイク保険を上手に使おう!!

投稿日:2021年8月19日 更新日:

バイク保険をより安くより便利に利用するために実際に料金をシミュレーションしてみることをおすすめします。シミュレーションをすると便利に安くバイク保険を利用できる理由や手順を解説していきます。

バイク保険のシミュレーションとは

バイク保険のシミュレーションとは、実際に加入する前提で保険の内容を選び料金を算出してみることです。今まで一度もバイク保険に入っていない人は、保険料のイメージを持っていないことがほとんどではないでしょうか。どの補償にどのくらいの保険料がかかり、どこの保険会社の保険料が安いかなど当然最初は分かりません。シミュレーションをすることで大体のイメージ感や相場観を把握することができます。

シミュレーションをするメリット

各保険会社の違いを把握できる

バイク保険のシミュレーションで実際に保険料を出してみるとわかることがあります。保険料はいくらか、保険料を出すためにはどんな情報が必要か、同じ条件でも○○会社の方が安いなどの情報です。複数の会社の見積もり情報があればどの保険会社が自分にとって安いか知ることができます。

最適な条件を選ぶ基準ができる

実際に複数社の保険料を並べてみると「この保険会社が突出して安いなあ、サービス面で差があるのかな?」「保険内容これで本当に大丈夫かな?」などの疑問が生まれてきます。その疑問を拭うためにサービス面を比べてみたり、改めて条件を変えて見積もりを取ることで保険の知識が増え、自分にとって過不足のない補償内容でより安い保険を選ぶことができるようになります。

シミュレーションをしてみよう!

シミュレーションを行う前準備

バイク保険に加入する際の料金のシミュレーションは、主に各保険会社のバイク保険の見積もりをすることになります。まずは見積もりをする前の用意をしましょう。

あると便利なアイテム

  • 車検証
  • 運転免許証
  • 売買契約書(バイクの排気量が125㏄超の場合)
  • 現在加入しているバイク保険の保険証券(バイク保険にすでに加入している場合)

また、アイテム以外にも「自分の経済状況の整理すること」と「補償内容の知識を学ぶこと」を行っておきましょう。特に経済状況はしっかりと整理しておくと安心です。

経済状況の整理とは

経済状況の整理では「家族はいるか」「現在の給料はどのくらいか」「これからどれくらいのお金がかかるか」など大まかにでもイメージを作ることを目的に行います。例えば小さな子供がいる場合は、自分がもし交通事故にあったら小さい子供の人生も含め一家が路頭に迷うことになりかねません。それならば保険料は多少無理をしてもなるべく補償内容を厚めにする必要があることがわかります。

仮に保険にさけるお金の余裕はそこまでなくても、子供が成人しており家のローンも完済している状況であれば、自分に対する補償は少なめにしてもよいかもしれません。(もちろんですが補償はしっかりとつけるほうが無難です。)このように、ある程度希望する補償内容に目途がつけられるようにイメージを作っておきましょう。

補償内容の知識の学び方とは

補償内容を理解することで、シミュレーションをより具体的に理解・比較することが可能です。事故リスクや補償を活用するイメージしながらシミュレーションできるようになるため、勉強しておくことをおすすめします。以下も記事も参考にしてみてください。

バイク保険とは?
バイク保険を安くする方法 バイク保険一括見積もり バイク保険とは? バイク保険の種類 バイクに関する保険は、自賠責保険と任意保険の2種類があります。任意保険は、 ...

続きを見る

ガッツポーズ
役に立つバイク保険特約
バイク任意保険にはいろいろな特約があり、組み合わせ次第で「いざ」という時のカバー範囲を広げることができます。ここでは、それらのお得な特約情報を一部ご紹介します。 ...

続きを見る

実際にシミュレーションをしてみよう

シミュレーションの方法

  • 実店舗に行って見積もりをお願いする
  • ネットを利用しダイレクト系の保険会社で個別に見積もりを行う
  • 一括見積もりサイトを利用しまとめて見積もりを行う

実店舗で見積もりを行う場合

実店舗で見積もりを行うメリットは実際にアドバイスを受けながら見積もりを行うことができることです。ですが時間もかかりますし、断り切れず納得・理解しないまま流れで加入までしてしまう可能性があるので注意が必要です。その場で加入することは悪いことではありませんが、本当にその保険会社や補償内容でよいのかを考える機会を失ってしまうので少なくとも一度は家に見積もり情報を持ち帰り、考える時間を作った方が安心です。

ネットの個別見積もりを行う場合

ネットを利用しダイレクト系の保険会社で見積もりを行うメリットは実店舗まで行かなくてもよいことです。またダイレクト系の保険は比較的保険料が抑えられているため、安い保険を探す目的の場合は良いかもしれません。一方で保険会社ごとに見積もりを取らなければいけないため少々手間がかかります。

一括見もりサイトを使う場合

一括見積もりサイトで見積もりをとるメリットは複数会社の見積もりをまとめて行うことができる点です。何度も同じような情報を入力する手間を省くことができます。一方で会社ごとの細かい設定には対応してないので保険会社に目星をつける材料にしかなりません。

このように、それぞれの強みと弱みをある程度理解したうえで利用することが必要になります。まずは一括見積もりサイトで見積もりを行いその結果をもとに実店舗やダイレクト系の保険会社の中から興味を持った会社に改めて見積もる方法が最も効率的であるかもしれません。

最適な保険を選ぶために

補償内容や料金を最適化するために、シミュレーションは複数回繰り返すことをおすすめします。なぜなら1度のシミュレーションでは補償内容を変えた場合の金額の差がわからないからです。補償内容を変更しながら何パターンかシミュレーションし見積もっていく方法がおすすめです。
前述したように一括見積もりサービスである程度目星をつけた後、会社を2つほどに絞り条件を変えながら何度か見積もりを行っていくといいでしょう。妥協せずに何度もシミュレーションを繰り返すことがベストな選択肢を見つけるための近道となります。

一括見積もりでシミュレーションしてみよう!

上手にバイク保険を利用するためのコツ

バイク保険の内容を知る

バイクには自賠責保険と任意保険があります。この2つの保険の内容は自賠責保険に加入義務があり、任意保険には加入義務がない以外にも違いがあるのです。その違いが補償対象、補償額の差です。

自賠責保険には限度額付きの対人賠償保険しか含まれません。また限度額もかなり小さく、大きな事故を起こした際はまず補償金額が足りないことでしょう。一方で任意保険であれば、上の図のように幅広い補償が可能です。また少なくとも相手に対しての賠償であれば限度額なしで補償をしてもらう契約を結ぶことが可能です。

特約も付けることが可能

任意保険には特約というものをつけられます。特約の内容は保険会社によって異なりますが例えば、裁判時の弁護士費用を補償する弁護士費用特約や他車運転特約といった他人から借りたバイクに対しても自身のバイクの保険を適用できるようにする特約があります。

それぞれの補償や大まかな特約の内容は上部にある「バイク保険とは?」「役に立つバイク保険特約」のリンクから詳しく見ることができますので補償の内容をもっと知りたい方は見てください。

バイク保険を安くするためのコツを知る

安くする方法

  • 不用な補償を外す
  • ダイレクト型の保険を選ぶ
  • 割引制度を使う
  • 実際に見積もりをして保険料を比較する

上記は、シミュレーションをしっかりと行えば最適化されていく内容です。見積もりを取ることは少々面倒かもしれませんが最適な補償内容・保険料を選ぶためには必要な工程です。

シミュレーションは重要

バイク保険に加入することはバイク運転のリスクや責任を考えたときとても大切なことです。事故の相手を守るためにも、家族を守るためにも、もちろん自分を守るためにも必ず加入することをおすすめします。
また、バイク保険に加入する時にシミュレーションをして保険の内容を知り、料金を知ることで保険内容に過不足はないか、予算内に収めるにはどうしたらいいかを判断することができるようになります。
一括見積もりサービスを利用することで、一度に複数の会社から見積もりを取ることができるかつ24時間どこでも見積もりを行うことができます。ぜひ利用してみてください。

自動車保険も安くしませんか?
一番安い自動車保険を探す方はこちら!

自動車保険は比較で安くなる!

この記事の感想やバイク保険に関する質問などをX(Twitter)のDMより募集しています!
※一括見積もりサービスのご利用に関するご質問や、保険商品や保険会社に関するお問い合わせはこちらでは受付できません!

インズウェブSNS公式アカウント

  • Twitter
  • facebook
  • instagram
  • tiktok
  • LINE
  • youtube
  • pinterest
  • note
  • Twitter
  • facebook
  • instagram
  • tiktok
  • youtube
  • pinterest
  • note
\インズウェブのお得情報を発信!/友だち追加

記事が参考になったらシェアお願いします!

  • この記事を書いた人

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険のみならずバイク保険に関する様々なお役立ち情報も提供しています。

        
              三井ダイレクト         
        
              三井ダイレクト         
    

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.

\バイク保険は比較で安くなる!/