バイク保険に車両保険は必要?

投稿日:

自動車の保険ではメジャーな車両保険ですが、バイク保険では車両保険が用意されていない保険会社もあるなど、必ずしもメジャーな存在とは言えません。バイク保険の車両保険はどのような補償内容なのか、またバイク保険でも車両保険は必要なのか紹介します。

バイク保険の車両保険とは

バイク保険の車両保険とは、契約しているバイクの損害に備えるための保険です。ほかの自動車やバイク、原付自転車との衝突・接触事故が起きて契約のバイクに損害が発生した場合に補償を受けられます。

補償される範囲は保険会社によって異なり、ほかの自動車やバイクとの衝突のみを補償対象としている保険会社もあれば、それ以外にも単独事故や自然災害(地震・噴火・津波を除く)も補償対象とする保険会社もあります。当然ながら補償する範囲が広くなるほど保険料も高くなるので、車両保険を検討する場合は保険料のみではなく補償内容も確認するようにしましょう。

盗難に対する補償はない

バイクの車両保険は自動車の車両保険と違って盗難に対する補償がありません。バイクは自動車と比べて盗難率が高いので自動車のように車両保険の中に盗難に対する補償も組み込むのは難しいのです。盗難に対する補償が欲しい場合は別途、バイク盗難保険に加入する必要があります。

また、盗難の被害にあわないための自衛も大切です。アームロックで固定する、イモビライザーでアラームを鳴らしたりエンジンがかからなくしたりする、バイクカバーでバイクを隠して車種を特定させないようにするなど盗難の被害にあわないようにしっかりと対策をしておきましょう。

バイクの盗難対策
バイクの盗難対策 事前の対策 バイクの盗難対策はU字ロックやアームロックなどが一般的に知られていますが、そうした『バイクを移動させない対策』の他に、次に挙げられ ...

続きを見る

車両保険の加入率は?

実際のところ、どれくらいの人がバイク保険の車両保険に加入しているのでしょうか?損害保険料率算出機構「自動車保険の概況2018年度」よると、2018年3月末時点で二輪車の車両保険の付保台数は45,145台、保有車両数が3,624,586台なので日本に登録のあるバイクの1.2%が車両保険に加入していることになります。

ただし、バイクについては任意保険自体の加入率が4割程度と低いので任意保険加入者のうちの車両保険を付帯している人の割合であればわずかではありますが高くなります。同じく損害保険料率算出機構「自動車保険の概況2018年」によると、二輪車の対人賠償の付保台数は1,534,909台なので、それに対する車両保険の加入率は2.9%です。

バイク保険に車両保険は必要?

加入率がとても低いバイク保険の車両保険ですが、結局のところ車両保険は必要なのでしょうか?そのカギとなるのはバイクの時価額です。

車両保険で支払われる保険金は契約時にバイクの時価額をもとに決める保険金額が上限となります。そのため、バイクの時価額が低ければあまり大きな保険金を受け取ることができません。一方で、バイクの時価額が大きい場合は事故で修理が必要になった時も十分な保険金を受け取れますし、全損となってしまったときの経済的ダメージも大きいので車両保険で備える意味が出てきます。

事故を起こしたときに最大でいくらまで保険金を受け取ることができるか、保険料はいくらか、自分の貯蓄で修理費用や再購入費用を賄うことはできるかといったことをもとに車両保険が必要か判断するようにしましょう。

まとめ

車両保険は契約のバイクに事故等で損害が発生したときに補償を受けられる保険です。自動車の車両保険と違って車両保険が補償として用意されていない保険会社もあります。また、保険会社によって補償範囲が異なるのでどのような場合に補償を受けられるのかは事前に確認するようにしましょう。

バイク保険の車両保険加入率はかなり低くなっていますが、自分に必要かどうかは車両保険でいくらまで補償を受けることができるか、保険料はどれくらいか、自分の貯蓄で修理費用や再購入費用を賄えないかといったことをもとに判断するようにしましょう。

  • この記事を書いた人
インズウェブ

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険のみならずバイク保険に関する様々なお役立ち情報も提供しています。

\バイク保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.