バイク保険とは?

バイク保険とは?

バイク保険の種類

バイクに関する保険は、自賠責保険(自賠責共済)任意保険の2種類があります。

自賠責保険とバイク任意保険

※注:自賠責保険の対人補償の最高金額は、死亡で3,000万円、後遺障害で4,000万円、ケガによる傷害で120万円までと限定されています。

バイク任意保険は比較で安くなる!

また、ファミリーバイク特約という自動車保険に付随する特約もあります。(125cc以下の場合のみ)

バイク保険とファミリーバイク特約の補償の違いについて
125cc以下であれば、バイク保険よりもお得? 「ファミリーバイク特約」は、契約者が個人且つ自家用車を対象とした自動車保険につけられる特約です。補償内容は、「被 ...

続きを見る

通称バイク保険とは、バイク(二輪自動車)の為に加入する任意保険のことです。ちなみに「バイク保険」という名前は実は俗称で、自動車保険の一種です。自賠責保険では補償しきれない人身事故の補償金額であったり、対物事故などの万が一の事故によって負うことになる高額な賠償金の支払や、自分がケガなどの被害を負った場合の補償など、各種の役割を持つ保険が組み合わさっています。ただしバイクの場合、加入できる保険のタイプに制限があったり、特約が違っているなど、一部が自動車保険の場合とは違う部分があります。特に盗難などの場合の補償がないなどの場合があります。

自賠責保険

自賠責保険は別名「強制保険」と呼ばれています。公道を走る全ての車やバイクに加入が法律上義務付けられており、もし加入しないで公道を走行した場合、違反者には、1年以下の懲役、または50万円以下の罰金、6点の違反点数が付き、30日間の免許停止となります(過去に免許停止等の行政処分を受けている場合はこの限りではありません。詳しくは違反点数表等ご確認ください)。
250cc以下のバイクは車検がないため未加入の可能性が高くなりますのでご注意ください。

>>自賠責保険加入について(取扱代理店SBIマネープラザ株式会社)

自賠責保険についての詳しい説明は自動車保険一括見積もりをご覧ください。

死亡事故 傷害事故
1.死亡事故による傷害 2.死亡に至るまでの
傷害による損害
3.傷害による損害 4.後遺障害による損害
介護を要する
後遺障害
その他の
後遺障害
3,000万円 120万円 120万円 4,000万円
~3,000万円
3,000万円[第1級]
~75万円[第14級]

バイク保険(任意保険)

バイク保険(任意保険)には以下の補償等が基本にあります。

対人賠償保険

対人賠償保険は、自賠責保険でまかないきれなかった保険金額の差額分を補償する保険です。万が一死亡事故等を引き起こした際には数千万から億単位の損害賠償請求などの可能性がある事から、99.1%の人が無制限を選択しています。
(損害保険料算出機構 自動車保険の概況 2018年度 対人賠償責任保険 保険金額別契約台数構成比 参照)

対物賠償保険

対物賠償保険は、物に対する補償です。自賠責保険では対物の補償はありませんので、任意保険から全額補償される形となります。93.8%の人が無制限を選択しています。
(損害保険料算出機構 自動車保険の概況 2018年度 対物賠償責任保険 保険金額別契約台数構成比の推移 参照)

搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険は、事故などに遭った際に一定額を支払う保険です。保険金の支払が早いことが特徴で、事故に遭った際の示談交渉がまとまる前の治療費を一時的に立て替える場合などに役立ちます。また、健康保険証や医療保険なども使えますので、自分にあった金額を選択すると良いでしょう。任意保険についての詳しい説明は「自動車保険一括見積もり」にて詳しく説明しております。

人身傷害保険

人身傷害保険は、過失割合にかかわらず被保険者が死傷した場合保険金額を限度としてケガなどの被害額(人身損害額)を全額補償します。治療費だけでなく休業損害なども含めて実損額を幅広く補償されることが特徴です。保険金の支払は過失割合によらないので、実損額が固まった後でも示談交渉が長引いているというときでも支払を受けることができます。

バイク保険の現状

保険への加入率が低い

公道を走るバイクの40%程度しか任意保険へは加入していません。自動車では任意保険への加入率は、公道を走るクルマ全体の約75%、任意の自動車共済を含めても約90%もあるのに対してバイク保険への加入率は低い数値といえます。つまり、公道を走っているバイクの約60%が任意保険未加入なのです。(原動機付自転車に至っては15%しか加入していません。)
また、自賠責保険に目を向けてみても、車検のある自動車については車検時に支払うので100%となるのに対して、車検がない250cc未満のバイクについては加入していない可能性もあるというのが現状です。自動車と比べ事故発生率も高く、事故に遭った際のケガも多い現状からすると、保険に加入していない加害者になった際には多額の損害賠償金などを背負いこむ事になり、一生を棒に振る事になりかねません。

自動車と比べて事故率が高い

自動車とバイクの事故発生割合を比較してみると、バイクの事故発生割合は自動車と比べて約1.5倍となっています。また、死傷者の中でも重傷・死亡比率が圧倒的に自動車事故を上回ります。つまり、自動車を運転しているときよりもバイクを運転しているときの方がはるかに危険と隣り合わせの状態にあるということです。ちょっとぶつかっただけでも、運転者が傷つく可能性が高いので、治療費を受け取れる人身傷害を付帯した方が安心です。

自動車と違い、盗まれた際の補償がない

バイク保険では通常車両保険は付きません。つまり車両保険未付保の場合、盗難による補償がありません。盗難件数は減少傾向にありますが、自動車と比べるとまだまだ盗難に遭う確率が高いようです。特徴として少年による犯罪が多く、検挙されたうちの88%が少年による犯行だそうです。また、還付率(盗まれてから所有者に戻るまでの割合)は約40%(キーありは59.4%、キーなしは33.2%)と自動車よりも高く、逆に検挙率(犯人が捕まる割合)は自動車と比べると低く17%程度となっています。(自動車50%程度)

最大5社から見積もり可能!

一括見積もりスタート
選べるぐるめカード1,100円分が当たる!

投稿日:2019年9月13日 更新日:

\バイク保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.