安いバイク保険はどこ??どうやって選べばいい??

投稿日:

少しでも安い保険会社に入りたいけど、どこが安いのかわからない…保険料を安くするためにはどうすればいい??こんな悩みを抱えている方も多いと思います。今回は安いバイク保険の探し方、保険料を少しでも安くするための方法について解説していきます。

バイク保険は条件によって安い会社が変わる!

バイクの保険料は、契約する際の条件次第で、安い保険会社が変わります。そのため、別の人が安かった保険会社であっても、自分にとってお得な保険会社とは限りません。自分の条件に合った安い保険会社を探す必要があります。

以下ではどうして条件によって、保険会社ごとで保険料が変わるか解説しています。

保険会社の販売方法の違い

バイクの保険会社は大きく代理店型とダイレクト型(ネット型)の2つに分けられます。ダイレクト型はバイク保険の販売・契約を行う際に、代理店が介在しないため、その分の手数料やコストを削減できます。そのため、代理店型よりもダイレクト型は保険料が安いです。

リスク細分型保険

リスク細分型保険とは、契約者のリスクを細分化して、事故を起こすリスクに応じて保険料を算出するものです。運転される方の事故歴、バイクの種類、年齢などをリスクに応じて細分化し、そのリスクに基づいて保険料を算出します。

ただリスク細分化によって保険料が安くなるとは限りません。リスクが高いと判断される区分になれば、保険料は高くなってしまいます。保険会社によって、リスクに対して保険料の設定は変わるため、全体の保険料も変わってきます。

安い保険会社を知るためには、実際に見積もりを取る!

では安い保険会社を探すためにはどうすればよいのでしょうか。それは実際に保険会社から見積もりを取って、比較することです。見積もりを取ることで、保険会社ごとの保険料を把握して、安い保険会社を探しましょう。見積もりを取る際は、便利なバイクの一括見積もりを利用するのがおすすめです。

保険料を安くする方法は??

安い保険会社を探すためには、見積もりを取ることが大切ですが、保険料を抑える方法はまだあります。以下では保険料を抑えるための方法について解説していきます。

ダイレクト型で契約する

ダイレクト型で契約することで、保険料を安く抑えることができます。ダイレクト型は安いですが、サービスの質が劣るわけではありません。事故対応やロードサービスなどのサービスは代理店ではなく、保険会社が行うため、間に代理店が入っているかどうかは関係ありません。もしそういったサービスの質を確認したい場合は、各種口コミサイトを参考にしてみるとよいでしょう。

割引制度を利用する

ダイレクト型バイク保険であれば、インターネットで新規・継続契約の締結を行った場合、インターネット割引が適用されます。他にも複数台のバイクを契約する場合、同じ保険会社で契約すれば複数台割引を受けることもできます。保険会社を選ぶ際、こういった割引制度を考慮してみてもよいでしょう。

補償内容を見直す

保険料は補償内容によって変わります。必要ない補償内容がないか確認し、それを外すことで保険料を安くすることができます。リスク細分型保険であれば、年齢条件や使用目的の見直しを行うことで保険料を安くできることもあります。必要のない範囲まで補償範囲に入れているのであれば、そこを外すとよいでしょう。

車両保険は要見直し!

車両保険は基本的にバイクの時価額をもとにして保険金額が決まります。高額なバイクであれば車両保険の必要性が高まります。しかし使用している年月が長いバイクで価値が下がってきているような場合は、車両保険を外す検討も必要です。

必要な補償はしっかりつける!

安さだけを意識するのではなく、必要な補償が付けられているかどうかはしっかり確認しましょう。万が一の際に必要な補償がないと、保険料で節約した分以上の出費となってしまいます。以下では特に検討すべき項目について解説していきます。

人身傷害保険・搭乗者傷害保険は必要??

家計を支えており、万が一事故で入院などの際、家計の収入への影響が大きい人は特に必要です。人身傷害保険や搭乗者傷害保険で備えていれば、万が一の場合でも収入への影響を減らすことができます。

人身傷害保険と搭乗者傷害保険は運転者や同乗者のケガや死亡に備えるという点で似ていますが、保険金の算出方法や支払いタイミングで異なります。必ずしも両方付ける必要はないので、どちらが必要か検討する必要があります。詳細についてはこちらをご確認ください。

車両保険は必要??

車両保険の必要性が高いのは、バイクの金額が高い、バイクのローンがまだまだ残っている、バイクが生活必需品、などのような場合です。バイクの修理費が高額になる、もしくはバイクが故障した際でもなるべく早くバイクを復旧させたい場合は、車両保険を付けましょう。

まとめ

保険料が安い保険会社は、条件によって変わるので、自分の条件に合わせて比較を行う必要があります。また保険料を抑えるために、ダイレクト型への乗り換えや補償内容の見直しを行いましょう。安さを求めながらも、必要な補償をしっかり付けることも大切です。自分に合った保険会社を探す際は、便利なバイク保険の一括見積もりを利用しましょう。

  • この記事を書いた人
インズウェブ

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険のみならずバイク保険に関する様々なお役立ち情報も提供しています。

\バイク保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.