バイク保険の等級制度とは?

投稿日:

自賠責保険は個人の事故歴によって保険料が変わるということはありませんが、任意保険には等級制度というものがあり、無事故の人の保険料が安く、事故を起こした人の保険料が高くなるようになっています。バイク保険の保険料を安くするためにも等級制度について理解を深めておきましょう。

等級制度とは?

等級制度とは、保険会社各社が導入して共同で運用している、契約者の事故歴に応じた保険料の割引・割増を適用する制度です。

等級は1等級から20等級まであり、初めて契約する際には6等級からスタートします。1年間保険を使う事故を起こさなければ翌年度に等級が1つ上がり、逆に保険を使う事故を起こした場合には、翌年度に等級が3等級下がります。無事故を続けて20等級に近づくほど保険料の割引率が高くなり、事故を起こして1等級に近づくほど割引率が小さくなります(1~3等級は割増)。

なお、事故の種類によっては1等級のみ下がる場合(1等級ダウン事故)や等級が下がらない場合(ノーカウント事故)もあります。等級が下がらないノーカウント事故のみを起こした場合、無事故扱いとして翌年度の等級は1つ上がります。

等級ごとの割引・割増率

無事故を続けて等級が20等級に近づくほど保険料の割引率が高くなります。各等級の割引・割増率は以下のようになっています(保険会社によって内容が異なる場合があります)。

  事故なし 事故あり
1等級 +64%
2等級 +28%
3等級 +12%
4等級 -2%
5等級 -13%
6等級 -19%
7等級 -30% -20%
8等級 -40% -21%
9等級 -43% -22%
10等級 -45% -23%
11等級 -47% -25%
12等級 -48% -27%
13等級 -49% -29%
14等級 -50% -31%
15等級 -51% -33%
16等級 -52% -36%
17等級 -53% -38%
18等級 -54% -40%
19等級 -55% -42%
20等級 -63% -44%

「事故あり」だと保険料が高くなる

上の表で、7等級以降について「事故なし」と「事故あり」で割引率が異なっているのが分かると思います。同じ10等級でも契約後に無事故を続けて9等級から10等級に上がった場合と13等級から事故で10等級に下がった場合では無事故で10等級に上がった方が割引率が高くなるのです。

事故ありの割引率が適用される期間のことを事故有係数適用期間といいます。事故有係数適用期間は最長6年で、3等級ダウン事故1件につき3年、1等級ダウン事故1件につき1年加算されます。1年間事故を起こさなければ事故有係数適用期間が1年減算されます。

例えば、事故なしの18等級で3等級ダウン事故を1回起こした場合、翌年度は事故ありの15等級(事故有係数適用期間:3年)となります。その後事故を起こさなければ、「事故ありの16等級(事故有係数適用期間:2年)」→「事故ありの17等級(事故有係数適用期間:1年)」→「事故なしの18等級」と等級が進んでいきます。

事故有係数適用期間の例

等級の引き継ぎ

保険会社を変更しても等級は引き継げる

等級制度は各保険会社で共同して運用されています。そのため、保険会社を乗り換えても再度6等級からスタートということにはならず、変更前の保険会社の等級が引き継がれます(一部共済を除く)。等級が進んでいればそのまま大きな割引を継続して受けられますが、逆に事故を起こして等級が低くなったから保険会社を変えて再スタートということもできません。

注意が必要なのが更改のし忘れです。バイク保険は通常、補償が受けられない期間がないように、前契約の満期日または解約日を新契約の初日とするのが一般的です。万が一忘れてしまった場合でも、満期日の翌日から起算して7日以内であれば、前契約の等級を引き継ぐことができます。ただし、この期限を超えると、たとえ前契約が20等級だったとしても6等級からやり直しとなってしまいます。

6等級未満になったら、わざと更改をし忘れたらよいのでは?と思う人もいるかもしれません。しかし、そうした考えは通用しません。保険契約を解約しても13か月間は等級の履歴が保存されています。そのため、13カ月以内に再度契約した場合には、6等級未満の等級での契約となってしまいます。6等級に戻すには、高くなった保険料を払いながら無事故を続けるか、13か月間バイク保険なしで過ごす必要があります。

自動車の等級は引き継げない

自動車の等級や事故有係数適用期間をバイク保険の契約に引き継ぐことはできません。自動車で20等級の契約があってもバイク保険は6等級からのスタートになります。その逆も同様で、バイクの等級や事故有係数適用期間を自動車の契約に引き継ぐことはできません。

また、同じバイク保険であっても排気量が125cc以下(原付)の契約と125cc超の契約の間で等級を引き継ぐことはできません。大きく見て同じバイク同士だからといって勘違いしないように注意が必要です。

バイクを一時的に手放す場合は中断証明書を取ろう

バイクを廃車・譲渡したり海外に渡航したりするためにバイク保険の更新をしない、あるいは解約する場合、中断証明書の発行を検討しましょう。中断証明書が発行されれば10年間にわたって等級を保存することができます。中断証明書の有効期間内であれば前契約の等級を引き継ぐことができるのです。

中断証明書が発行される条件は国内にいてバイクを長期間手放す場合と海外に渡航する場合で分かれています。一定期間内に海外渡航をしないという場合は廃車や譲渡をする、車検切れなどの状態にある必要があります。また、海外渡航時の中断も含め、再開時の等級が7等級以上である必要があります。6等級以下の場合は引き継ぐことによる等級上のメリットはないのでこれは問題ないでしょう。詳細な条件については保険会社にご確認ください。

まとめ

バイクの任意保険には等級制度というものがあり、無事故を続けると保険料が安く、事故を起こすと保険料が高くなります。等級は1等級から20等級まであり、新規契約時は6等級からスタートします。1年間無事故だと1等級上がり、事故を起こすと1事故につき3等級下がります。ただし、事故の種類によっては1等級しか下がらないものや事故の件数としてカウントしないものもあります。

バイク保険の保険料を下げるのに大切なのはとにかく無事故を続けることです。安全運転を心がけるようにしましょう。また、同じ条件であっても保険会社によって保険料が異なるので、複数の保険会社を比較してみることも大切です。

\バイク保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.