バイク保険で人身傷害保険は必要??搭乗者傷害保険との違いは??

投稿日:

バイク保険に加入する際、様々な補償を付けるかどうか決める必要があります。その中でも特に加入するか検討が必要なのは人身傷害保険です。今回は人身傷害保険とは何かを解説しながら、人身傷害保険が必要か考えていきたいと思います。

そもそも人身傷害保険って??必要なの??

人身傷害保険は一体どの様な保険で、何を補償する保険なのでしょうか。

そもそも人身傷害保険とは??

人身傷害保険とは、バイク事故による自身や同乗者が契約中のバイクに搭乗中死傷した時の補償です。ケガの治療費(実費)や、後遺症による逸失利益や介護料、休業損害や精神的損害への補償を、保険金額を上限として事故の過失割合に関わらず実費が補償されます。

人身傷害保険の種類は??

人身傷害保険は2種類あります。それぞれ補償する内容が異なるので確認しておきましょう。

契約中のバイクに搭乗中の事故のみを補償する「搭乗中タイプ」

こちらのタイプは契約中のバイクに搭乗中の事故のみ補償が受けられます。契約していないバイクに搭乗している時起こした事故や、歩行中の事故などは補償の対象外です。その代わり、もう一方のタイプと比べて保険料を抑えることができます。

契約していないバイクに搭乗中や歩行中の事故も補償する「一般タイプ」

記名被保険者やその家族などが契約していないバイクに搭乗中の事故でも補償されます。また歩行中に起きた事故も補償の対象となります。

保険の重複に注意!

車外補償も含まれる一般タイプの場合、自動車保険や別のバイク保険で一般タイプを契約していると補償内容が重複してしまいます。重複して契約しても、損害額以上の保険金は受け取ることができません。保険料を節約するために、保険の重複は行わないようにしましょう。保険の重複を避けるためには、2台目以降のバイク・四輪自動車に人身傷害保険を付ける場合、「搭乗中タイプ」を選択しましょう。これにより、契約外のバイク搭乗中の事故や、歩行中の事故に対する保険の重複をなくすことができます。

人身傷害保険のメリットは??

では人身傷害保険は、事故の際の補償以外にどの様なメリットがあるのでしょうか。確認してみましょう。

示談成立前に支払いが受け取れる

人身傷害保険は過失割合に関係なく保険金が支払われるため、示談成立を待つ必要がありません。過失割合の判断を待つ必要がないので、自身や同乗者のケガに対する治療費や休業中の損害額への補償もすぐに受けることができます。

自損事故・もらい事故でも保険金を受け取れる!

過失割合に関係なく保険金が受け取れるため、自損事故やもらい事故といった事故形態は関係ありません。

保険を利用した時等級は??

バイク保険を使用して保険金を受け取った場合、等級が下がり来年度以降の保険料は高くなってしまいます。しかし人身傷害保険のみを使用した場合、等級は下がりません。注意点としてバイク事故を起こした際に、人身傷害保険のみを使用するケースは少ないと思われます。対人賠償や対物賠償、車両保険を使用した場合、等級は下がります。

どんな人におすすめ?

では人身傷害保険はどういった人が入るべき保険なのでしょうか。

バイクに乗る機会が多い

人身傷害保険は補償が幅広く、また多額の保険金が支払われる保険です。そのためより大きなリスクに備えることができます。バイクに乗る機会が多ければ多いほど、その分だけ事故に遭うリスクも高まるので、人身傷害保険への加入を検討してみてもよいでしょう。

世帯収入を稼いでいる

人身傷害保険はバイク事故で休業を余儀なくされたときの損失額も補償してくれます。休業損害は加入している人の収入が大きく関わり、支払われる保険金が決まるため、家計を支えている方は万が一に備えて加入しておくとよいでしょう。

人身傷害保険の注意点は??

人身傷害保険は補償が幅広く、補償される保険金も高額です。しかし人身傷害保険には注意点もあります。確認してみましょう。

人身傷害保険の保険料は高額

補償金額によって異なりますが、人身傷害保険を付けたバイク保険の保険料は高額になるケースが多いです。万が一に備えることができても、保険料が上がればそれだけ毎月の家計を圧迫します。バイクに乗る機会が少ない人や、もし事故を起こしても家計に与える影響が少ない人の場合、人身傷害保険から受けるメリットは限定的になるでしょう。

自動車保険の人身傷害保険はバイクには適用されない

自動車保険での搭乗中以外の事故も補償する一般タイプは、バイク搭乗中の事故は補償しません。またバイク保険の人身傷害保険の一般タイプでも四輪自動車に搭乗中の事故は補償されません。ここを勘違いして付けるべきだった補償をつけずに後悔しないよう、契約中の保険の補償内容は確認しておきましょう。

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違いは??

比較されることも多いこの2つの保険ですが、具体的にどの様な違いがあるのでしょうか。まず搭乗者傷害保険は一体どんな保険か、確認してみましょう。

そもそも搭乗者傷害保険とは??

搭乗者傷害保険は、バイクに搭乗している人が事故によって死亡した場合や入院・通院をした場合、人身傷害保険とは別計算で定額の保険金が支払われる保険です。保険金額は死亡時に最大1000万円ほどで、ケガでの入院や通院の場合は、部位や症状、入院日数によって10万円~100万円ほど保険金として受け取れます。

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違いは??

それでは実際どの様な違いがあるのか確認してみましょう。

保険金の算出方法が違う

搭乗者傷害保険はあらかじめ決められた部位や症状に応じて、定額の金額が支払われます。一方で、人身傷害保険は実際の損害額に応じて保険金が支払われます。

保険金の支払われるタイミングが違う

搭乗者傷害保険では医師の判断による入院日数及び通院日数の合計が5日以上を経過した時点で、保険会社は保険金を支払うことが可能になります。一方で、人身傷害保険は実際の損害額を算出する必要があるため、算出するまでの期間は必要になります。そのため搭乗者傷害保険の方が支払いは比較的早いです。

両方付けることも選択肢に!

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の両方をバイク保険に付けることで、より補償を充実させることは可能です。搭乗者傷害保険だけでは長期間の入院費用や休業中の損失額の全てを賄うことはできません。また人身傷害保険は保険金が実際に支払われるまでに実損額を算出する必要があるので、保険金を受け取れるまで若干の期間が必要になります。搭乗者傷害保険は治療が5日以上必要となった時点で医療保険を受け取ることができるので、突然の入院に対応することができます。

もちろん両方の保険を付けることで保険料は高くなります。事故のリスクと、事故の際に必要になるお金から検討しましょう。

人身傷害保険は入るべき??

人身傷害保険は、バイクに乗る機会が多い、家計の収入の多くを支えている方は万が一に備えて加入しておくべきでしょう。しかし人身傷害保険は補償額が上がるほど、保険料も高額になっていきます。乗る頻度がそこまで高くない、事故のリスクも高くないのであれば、保険料を考慮して、搭乗者傷害保険だけで備えてもよいでしょう。

人身傷害保険への加入を検討する際、必要なのは実際の保険料の相場を知ることです。相場を知るために、実際に保険会社から見積もりを取りましょう。その際に複数社から見積もりを取って比較することも大切です。便利なバイク保険の一括見積もりを利用しましょう。

  • この記事を書いた人
インズウェブ

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険のみならずバイク保険に関する様々なお役立ち情報も提供しています。

\バイク保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.