【徹底解説】250㏄以下のバイクで任意保険は必要?相場の調べ方は??

投稿日:

250㏄以下のバイクは250㏄超のバイクと比べて、維持費が安く、また大型バイクよりも気軽に乗ることができます。そんな250㏄以下のバイクですが、任意保険は果たして必要なのでしょうか?また任意保険に加入するとして、保険料の相場はどうやって知ればよいのでしょうか?

125㏄超~250㏄以下のバイクの特徴は??

125㏄超~250㏄以下のバイクは250㏄超のバイクと比べ、車検がありません。また250㏄超のバイクと比べて軽自動車税や重量税も安く済むので、全体的に維持費を抑えられます。ただ車検がないので、自分で定期的にメンテナンスを行う必要があります。125㏄超のバイクであれば高速道路を走行することも可能です。ちなみに125㏄以下のバイクには、原付や小型バイクなどが該当します。

250㏄以下のバイクでも任意保険は必要??

結論からいえば250㏄以下のバイクでも任意保険は必要です。加害者として事故を起こした時に、高額な賠償金を請求される事があります。自賠責保険での補償額は限度額が決められているので、自賠責保険だけでは賠償金を賄えないことがあります。そのためしっかり任意保険で備えておく必要があります。

バイクの自賠責保険の補償範囲は??

バイクの自賠責保険への加入は法律で義務付けられています。自賠責保険の補償内容は以下の通りになっております。

  損害の範囲 支払限度額(被害者1名あたり)
傷害による損害 治療関係費、文書料、休業損害、慰謝料 最高120万円
後遺障害による損害 逸失利益、慰謝料等 神経系統・精神・胸腹部臓器に著しい障害を残して介護が必要な場合
      常時介護のとき:最高4,000万円
      随時介護のとき:最高3,000万円
後遺障害の程度により
第1級:最高3,000万円~第14級:最高 75万円
死亡による損害 葬儀費、逸失利益、慰謝料(本人および遺族) 最高3,000万円
死亡するまでの傷害による損害 (傷害による損害の場合と同じ) 最高120万円

バイクの任意保険の補償内容は??

自賠責保険では対人賠償の一部のみしか補償されません。任意保険であれば、それ以外の範囲やより多くの賠償金に備えることが可能です。

補償の対象
他人への賠償 ・対人賠償責任保険
 ※自賠責保険では足りない不足分
・対物賠償責任保険
ご自身の補償
(同乗者)
・人身傷害保険
・搭乗者傷害保険
・車両保険

バイクの任意保険は未加入が多い!?

以下のデータからも分かりますが、バイクの任意保険は加入率が低いです。加入率は40%程度となっています。

対人賠償 対物賠償 搭乗者傷害 人身傷害
二輪車 43% 43.8 26.6 13.2

(出典:2019年度(2018年度統計)自動車保険の概況

バイクの任意保険に未加入の場合、万が一の時に備えることができません。高額賠償事例として、億を超える支払いを命じられた事例も存在します。任意保険に加入していないと、一生涯賠償金を支払い続けることになる恐れもあります。

250㏄以下のバイクの保険料の相場は??

バイク保険の保険料はどの様な要因で決められているのかを確認しておきましょう。

そもそもバイク保険料は何で変わる??

保険料は運転者の年齢、記名被保険者の等級、バイクの使用目的、保険の補償内容、バイクの排気量などによって変わるため、一概には言えません。これらの要因が組み合わさって保険料は決定されます。

バイク保険は運転者の年齢によって保険料が変動します。保険の対象になる年齢を引き下げるほど、保険料は高くなっていきます。また等級は保険の被保険者の事故歴によって変わります。等級を親から譲り受けるなど行わない限り、等級は6等級から始まります。この等級が高いほど保険料は安くなり、1年間無事故で保険を使わずに満期を迎えることで等級は1上がります。

バイクの使用目的によっても保険料は変動します。使用目的は、「業務使用」、「通勤・通学」、「日常・レジャー」の3つが該当し、どの様な用途で使用するのかによって変わります。バイクの使用目的によって、運転機会や走行距離が異なるため、それに伴う事故のリスクも変動するため、保険料も変わります。

保険を決める時は保険料と補償内容から考える!

保険を決める際に重要なのは、補償内容です。どのようなリスクに備えるのか、備える必要があるのかを考え、そこから補償内容を決めましょう。付けておくべきだった補償がないと万が一の時に備えることができません。また余計な補償内容を付けていると保険料が無駄になってしまいます。自分のバイクの使用頻度や周囲の交通状況から、どの様なリスクに備えるべきか考えてみましょう。

保険料の相場を知るには一括見積もり!

以上のことから自分の保険料の相場を知るためには実際に見積もりを取ってみることが大切です。保険料は自分の等級や付帯する補償内容によって変わり、また同じ条件でも保険会社によって見積りの結果は変わります。自分の保険料の相場を知るためには複数社の保険会社から見積もりを取ってみることが大切です。複数社の見積もりは一括比較で簡単にとることができます。

250㏄以下のバイクで保険を選ぶポイントは??

バイク保険を選ぶ際は対人賠償、対物賠償、搭乗者傷害、人身傷害の各内容を踏まえて、ロードサービス等の保険会社独自のサービス内容を含めて検討を行いましょう。検討を行う際は複数社から見積もりを取るとよいでしょう。また保険料を抑えたい場合はダイレクト型がお勧めです。

バイク保険の基本的な内容は??

それではバイクの任意保険の基本的な内容はどのようになっているのでしょうか。以下に一覧をまとめておりますので、是非参考にしてみてください。

詳細
対人賠償保険

事故の相手を死傷させて損害賠償責任を負った場合に、自賠責保険の保険金額を超過した部分の保険金が支払われる保険。

対物賠償保険

事故によって相手の財物や設備などに損害を与えた場合の賠償を補償する保険。事故相手の車両だけでなく、電柱やガードレールなどに損害を与えた場合も補償されるという特徴がある。

搭乗者傷害保険

バイクに搭乗している人が事故によって死亡した場合や入院・通院をした場合に、人身傷害保険とは別計算で定額の保険金が支払われる保険。保険金額は死亡時に最大で1,000万円ほどで、ケガでの入院や通院の場合は、部位や症状によって10100万円ほどとなる。

人身傷害保険

事故によってバイクに乗車している人が死傷した場合の補償。過失割合によらず、治療費用などの実費に対して保険金が支払われる。交通事故によって発生した、ケガの治療費や休業による損害、精神的な損害など様々な損害を補償する。

それ以外にもこんな補償が!

バイク保険には上記以外にも様々な補償内容があります。

詳細
車両保険

事故によって自分のバイク本体や装飾品が損傷した場合の修繕費用を補償する保険。自損事故や盗難による損害は基本対象外となるため注意。盗難については盗難補償特約で備えることができる。

自損事故保険

バイクを運転する人が単独で起こした事故などで運転者自身が死亡した際に、定額の保険金を受け取れる保険。基本的にはバイク保険に自動で付帯されていることが多い。

無保険車傷害保険

事故の被害にあった際に加害者である相手が自賠責保険や任意保険に加入していないなどで、賠償能力が十分でない場合を補償する保険。バイク保険に自動で付帯されていることが多い。

125㏄以下の場合は??

125㏄以下のバイクの場合、自動車保険のファミリーバイク特約を利用することで保険料を抑えることが可能です。同居中の家族が自動車保険に加入している場合はファミリーバイク特約を検討してみてもよいでしょう。

未成年者の場合は年齢制限に注意!

未成年の場合、保険会社と単独で契約することはできません。バイク保険を契約するためには、親が保険の契約者で本人は記名被保険者になる場合、親の同意のもと本人が契約者となる場合、もしくは同居家族の自動車保険にファミリーバイク特約を付帯する場合の3通りがあります。

バイク保険で人身傷害保険は必要??搭乗者傷害保険との違いは??
バイク保険に加入する際、様々な補償を付けるかどうか決める必要があります。その中でも特に加入するか検討が必要なのは人身傷害保険です。今回は人身傷害保険とは何かを解 ...

続きを見る

まとめ

250㏄以下のバイクでも任意保険は必要になります。万が一の時に備え、自賠責保険だけでなく任意保険の補償を受けられるようにしておきましょう。また250㏄以下のバイクの相場を知るためには、バイク保険の一括比較サイトで簡単に見積もりを取ってみることがお勧めです。

  • この記事を書いた人
インズウェブ

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険のみならずバイク保険に関する様々なお役立ち情報も提供しています。

\バイク保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.