2022年4月法改正!電動キックボードが免許不要に?改正後はどうなる?

投稿日:

ここ数年、ブームが止まらない電動キックボード。車ほどコストはかからず、自転車ほど労力もなく、気軽に街中をスイスイ風を感じながら走行できる電動キックボードはメリットがたくさんです。
そんな電動キックボードですが、2022年4月19日に道路交通法の改正が国会で成立しました。2年以内を目途に施行されます。この記事では、改正法施行後にどのようにルールが変わるのか、また万が一の事故に備えて気を付けることなどを詳しく説明していきます。

電動キックボードってなに?

電動キックボードとは

電動キックボードは、地面を蹴って走る従来のキックボードにバッテリーやモーター、ブレーキなどが取り付けられたモデルです。 16歳以上の方が乗車可能で、電動なので環境負荷が少なくコンパクトな形状で小回りが利きます。
アメリカを中心に海外で大ブームとなり、2018年からはシェアリングサービスの展開も加速しています。ここ数年は日本でもどんどん普及しており、各地で電動キックボードに乗っている人を見かけるようになりました。

2021年12月、便利なチェア付きモデルも発売されています。

相場と維持費

現在発売されている電動キックボードは、購入すると大体30,000円~140,000円の価格帯となります。車体デザインは様々かつ、防水機能や液晶画面がついていたり、折り畳み式だったりとその特性によって価格が変わります。また、カスタムパーツやスタンドなども別途販売されています。シェアリングサービスの場合は、1時間1,000円いかないくらいが相場となっています。

維持費は、主に充電するための電気代と自賠責保険料(5年契約で13,980円※)、毎年2,000円の軽自動車税がかかってきます
※令和3年4月1日以降保険始期の契約で、沖縄県を除く離島以外の地域に適用する保険料

今回の法改正の対象となる電動キックボード(特定小型原動機付自転車)の保安基準が新たに定められる予定です。保安基準の内容によっては、相場が大きく変わる可能性もあります。

速度と走行可能距離

電動キックボードは大きく分けて2種類あり、性能上の最高速度20km以下の車種とそれ以外に分かれます。速いモデルだと最速50km近く出るモデルもありますが、公道を走るには法定速度上30km以下を守ることが原則です。
走行可能距離に関しては、
満充電すれば20km~60kmほど連続走行が可能
です。

道の状態や乗っている方の体重によって、速さや走行可能距離は多少変動します。

メリットとデメリット

メリット

見た目がスマートでお洒落

最近は更にお洒落なカラー・デザインが増えています。

コンパクトなので室内にも収納可

自転車や車と異なり、室内管理がしやすい大きさです。

軽いので手持ち移動も楽

最も軽いモデルで重さ4kg程度となります。

脚への負担が少ない

自転車のように漕ぐ必要がないため楽に移動できます。

ガソリン不要

電動なのでガソリンの高騰を気にする必要がありません。

デメリット

雨の日に使用することは難しい

運転中傘を差すことは危険なので控えましょう。

大きな荷物を載せることが難しい

安全に乗車できるレベルの荷物となります。

法改正後はこう変わる

改正前 改正後
種類 原動機付自転車 最高速度20km以下で一定の条件を満たす車種は「特定小型原動機付自転車」となる
免許 原動機付自転車の免許必須 特定小型原動機付自転車は、免許不要
16歳未満は乗車不可
税金 軽自動車税 軽自動車税
保険 自賠責保険加入は必須
任意保険は任意
自賠責保険加入は必須
任意保険は任意
走行可能道路 車道のみ 車道・普通自転車専用通行帯(自転車専用レーン含む)・自転車道・自転車通行可能な歩道※
ナンバープレート 必須 必須
ヘルメット 必須 特定小型原動機付自転車は努力義務
※最高速度が制限され歩道を走行可能なことを表示しているなど一定の基準を満たす場合

ワンポイント

原則、時速20kmを超えるものは原付バイクと同じ扱いとなります。それ以下のものは自転車のルールに近いイメージですが、原付の中の一区分なので原付と同様の制度も残っています。

事故対策は?

ながら運転はしない

スマホを操作したり、音楽を聴きながらの運転は大変危険なのでやめましょう。電動キックボード用のスマホスタンドがあるため、それを活用すると安心です。

ヘルメットはできるだけ活用

法改正後、特定小型原動機付自転車はヘルメットの着用が努力義務となりましたが、万が一の事故に備えてヘルメットは着用しておくことをおすすめします。

飲酒運転はNG

最高速度20km以下の場合であっても、自転車と同様に飲酒運転は法律上禁止されています。もちろん少量のお酒でもNGです。

任意保険にも加入

最高速度20km以下の車種は法改正後の保険関係規定はまた公表されていませんが、今のところ引き続き自賠責保険は必須であり、加えて任意保険にも加入することをおすすめします。

任意保険って?

任意保険は、自賠責保険では補償してくれない部分の補償をする保険です。契約した保険内容で、自分が定めた上限金額まで補償を受けることができます。
特定小型原動機付自転車の条件を満たさない
電動キックボードは原付扱いになるため、自動車保険のファミリーバイク特約もしくはバイク保険が有効です。もし自動車を持っているのであれば、自動車保険にファミリーバイク特約のオプションを追加、自動車を持っていない場合は任意保険に加入することをおすすめします。

まとめ

さて今回は、電動キックボードの概要や、法改正後にどのようにルールが変わるのか、また事故の備えとして何をすべきかなどを説明しました。
最高速度20km以下で一定の基準を満たす車種の場合は免許が不要となったり、ヘルメットも努力義務となり、比較的緩和されたイメージが強いのではないでしょうか。ただ、より気軽に乗れるようにはなった反面、事故被害に遭うリスクもあがってしまいます。

安全に電動キックボードを楽しめるよう、日頃から事故には十分注意しましょう。また万が一の事故時に備えて、自賠責保険に合わせて任意保険にも加入しておくことをオススメします。
もし加入保険会社が決まっていない場合は、一括見積サービスをうまく活用することで、効率よく複数の保険会社を比較検討することができます。

インズウェブSNS公式アカウント

  • Twitter
  • facebook
  • instagram
  • tiktok
  • LINE
  • youtube
  • pinterest
  • note
  • Twitter
  • facebook
  • instagram
  • tiktok
  • LINE
  • youtube
  • pinterest
  • note

記事が参考になったらシェアお願いします!

  • この記事を書いた人

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。バイク保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場でバイク保険に関する様々なお役立ち情報を提供しています。

\バイク保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.