バイク保険に即日加入する方法は??

投稿日:

納車日が近づいてきたけど、任意保険の加入が完了してない…満期日を忘れて更新してないけどバイクに乗る必要がある…などなど。バイク保険への加入が急遽必要になった際、バイク保険に即日加入は可能なのでしょうか。今回はバイク保険の即日加入について解説していきます。

代理店型バイク保険なら即日加入も可能!

代理店は契約締結権を持っているため、契約書を書いて捺印し、保険料の支払いを行えば、契約を締結することが可能です。契約した日から補償を開始できるので、今すぐ保険に加入する必要がある時は代理店で契約するとよいでしょう。スムーズに契約を行うため、事前に申し込み先の代理店へ必要な書類や情報を質問しておくとよいでしょう。

契約時に必要な書類は??

契約時に必要な書類は、契約予定のバイクの排気量によって異なります。以下に参考で必要な書類の一覧を挙げていますが、実際に申し込む際は、前もって代理店に確認しておくとよいでしょう。

  • 原付(125㏄以下のバイク)
    • 標識交付証明書
    • 免許証
    • 保険証券等(他社で契約中の場合のみ)
  • 125㏄超~250㏄以下のバイク
    • 軽自動車届出済証
    • 免許証
    • 保険証券等(他社で契約中の場合のみ)
  • 250cc超のバイク
    • 車検証
    • 免許証
    • 保険証券等(他社で契約中の場合のみ)

どこで契約できる??

バイクを購入したショップが代理店を担っていれば、そこで契約をお願いするとよいでしょう。バイクを購入したショップであれば、バイクの情報を知っているため、話がスムーズに進みやすいです。購入店以外でも、代理店を担っているショップがあればそこでお願いしてもよいでしょう。大型チェーンのバイクショップは保険代理店の機能を持っていることが多いです。もしくは近くの保険代理店をネットで検索して探しましょう。

ダイレクト型は即日加入できない!

ダイレクト型の保険開始日は最短でも申し込み完了の翌日になります。ただし保険会社や契約状況、特に支払い状況によって最短の保険開始日は変わってきます。基本的にクレジットカードや銀行振込の方が早く保険を開始できます。コンビニ払いの場合、他の方法と比べてより長い期間が必要となります。

ダイレクト型は保険料が代理店型よりも安いため、保険料の節約をしたい場合はダイレクト型を選択するとよいでしょう。ダイレクト型を契約する際は、契約の手続き完了まで代理店型よりも時間が必要なので、余裕を持って手続きを行いましょう。

バイク保険に1日保険はない!

自動車保険にはインターネットやコンビニを通じて、1日だけ即日加入できる1日自動車保険があります。しかし、バイク保険には1日自動車保険のような、必要な時だけ加入できる保険はありません。そのため、任意保険やそれ以外の方法で補償を受ける必要があります。

125㏄以下のバイクならファミリーバイク特約も検討する!

125㏄以下のバイクであればファミリーバイク特約を受けることができます。任意の自動車保険に付けられる特約で、125㏄以下のバイクに搭乗中の事故について補償を受けることができます。

ファミリーバイク特約の補償内容は加入タイプによって変わります。しかし、基本的にどの補償タイプでも、自分のバイクに対しての補償を受けることはできないので注意しましょう。ファミリーバイク特約の詳細についてはこちらで解説しています。

納車日前でも契約は可能!

納車前の場合、車検証を持っていないと思いますが、以下に挙げる情報があれば申し込みは可能です。車検証は通常バイクの納車日にバイクと一緒に渡されます。ただ車検証はあった方が確実です。バイクを購入したショップに相談すれば、車検証のコピーを貰える場合もあります。

  • バイクの登録番号
  • 初度登録年月
  • 型式
  • 車台番号
  • 車両保有者
  • 車両使用者

納車日に受け取ってそこから自宅に運転して持って帰る場合、保険開始日の開始時間を納車時間に合わせておくとよいでしょう。保険会社に前もって連絡しておくことで、保険の開始時間を変更することができます。

バイク保険を切らさないためには

満期に気づかず、バイク保険の契約期間が切れてしまった…保険料を払い忘れて解約されてしまった…でも今日バイクに乗らないといけない。そのような事態を避けるため、万が一バイク保険を切らさないようにしましょう。どのようなことを普段から心掛けておけばよいのでしょうか。しっかり確認してみましょう。

保険の契約期間を把握しておく

バイク保険の契約期間については、契約中の保険会社のサイトから自身のマイページで確認することができます。また満期が近づいてくると保険会社から満期のお知らせが届くので、忘れずに更新、もしくは乗り換えを行いましょう。

保険料の払い忘れをしない

月払いで保険料の支払いを行っている場合、何らかの理由で保険料の支払いを滞納してしまい、その状態が数か月続くと強制的に解約されてしまいます。払い忘れを防ぐために、一括払いで支払ったり、クレジットカードを支払い方法に選択したりしましょう。

バイク保険の手続きは余裕を持って行うことが大切!

バイク保険の手続きは、補償内容の検討や保険料の比較を含めて、余裕を持って行うことが大切です。補償内容を十分に検討せず決めてしまうと、必要な補償が欠けていたり、要らない補償をつけていたりしてしまう恐れがあります。また保険会社によって、保険料は変わります。実はほかの保険会社だったら保険料を抑えることができたのに…というような後悔をしないためにも、十分な検討を行いましょう。

検討を行うためには、実際に見積もりを取って保険料の比較を行いましょう。見積もりを取る際は、便利なバイク保険の一括見積もりを利用するとよいでしょう。

  • この記事を書いた人
インズウェブ

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険のみならずバイク保険に関する様々なお役立ち情報も提供しています。

\バイク保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.