バイク保険は納車前でも契約できる??

投稿日:

バイクを買って任意保険に加入したいけど納車前でも契約できるの??今回は納車前でもバイク保険を契約するために必要なものや注意点について解説していきます。

納車前にバイク保険へ加入ために必要なものは??

そもそもバイク保険の加入に必要なものは??

まずバイク保険を契約するために必要なものを確認してみましょう。必要な書類はバイクの排気量によって異なります。所有しているバイクに応じた必要なものを確認してみましょう。

  • 125cc以下
    • 標識交付証明書
    • 免許証
    • 保険証券(バイク保険と契約している場合のみ)
  • 125㏄超~250㏄以下
    • 軽自動車届出済書
    • 免許証
    • 保険証券等(バイク保険と契約している場合のみ)
  • 250㏄超
    • 車検証
    • 免許証
    • 保険証券等(バイク保険と契約している場合のみ)

納車前にバイク保険に加入するためには下記の情報でも代用が可能です。納車前で上記の書類等が手元にない場合でも、バイクに関する情報を準備できれば契約できます。以下の情報を準備しましょう。

  • バイクの登録番号
  • 初度登録年月
  • 型式
  • 車台番号
  • 車両保有者
  • 車両使用者

契約する際、これらの情報が必要になります。車検証に該当するような書類を準備しておくことで契約がスムーズでしょう。車検証のコピーはバイクを購入したショップに相談すれば、車検証のコピーが渡されます。他に必要な情報がある場合もあるので、申し込み前に保険会社へ確認を行いましょう。

納車前に保険を契約しても保険料は無駄にならない!

保険料が発生するのは、保険始期日(補償が開始される日)からです。納車前に加入手続きを行っても、保険料は発生しませんので、安心して納車前でも契約できます。

車両入替を行う際も納車前に申し込みを行う!

車両入替を納車前に行わないと、保険の補償を受けられない空白期間が生まれてしまいます。これを防ぐためにも、納車前に手続きしておくことが大切です。

必要なものは??

バイクの排気量によって必要な書類は異なります。

  • 125㏄以下:標識交付証明書
  • 125㏄超~250㏄以下:軽自動車届出済書
  • 250㏄超:車検証

車両入替のタイミングは??

納車日と契約変更日を合わせる!

納車当日を契約変更日として、納車前に車両入替手続きを行った場合、新しいバイクを運転開始すると同時にバイクの補償が切り替わります。ショップに新しいバイクを取りに行くまでは現在のバイクが補償対象となります。納車日と契約変更日は合わせるようにするとよいでしょう。

即日加入する場合は代理店型で契約する

事前に契約手続きを進めるのが望ましいのですが、保険を契約するのが納車日当日になってしまった場合は代理店型バイク保険で契約を行いましょう。代理店は契約締結権を持っているので、契約書を書いて捺印し、保険料の支払いを行うことで、契約締結が可能です。ダイレクト型の場合、補償開始が翌日になってしまいます。

どこで契約できる??

バイクを購入したショップが代理店を担っていれば、そこで契約をお願いするとよいでしょう。バイクを購入したショップであればバイクの情報を知っているため、話がスムーズに進みやすいです。また購入店以外でも代理店機能を担っているのであれば、そこで契約してもよいでしょう。特に大手のバイクショップであれば代理店機能を担っていることが多いです。もしくは近くの保険代理店をネットで検索して探してみてもよいでしょう。

保険の選び方は??

納車まで時間がある場合は保険をしっかり吟味して選びましょう。おすすめのプランの選び方の詳細はこちらをご参考ください。

補償内容を検討する

任意保険では、自分で補償内容を選ぶ必要があります。対人賠償保険や対物賠償保険、人身傷害保険や搭乗者傷害保険、車両保険など、自分に必要な補償内容を選択しましょう。

以下は主な補償内容も一覧です

詳細
対人賠償保険 事故の相手を死傷させて損害賠償責任を負った場合に、自賠責保険の保険金額を超過した部分の保険金が支払われる保険。
対物賠償保険 事故によって相手の財物や設備などに損害を与えた場合の賠償を補償する保険。事故相手の車両だけでなく、電柱やガードレールなどに損害を与えた場合も補償されるという特徴がある。
搭乗者傷害保険 バイクに搭乗している人が事故によって死亡した場合や入院・通院をした場合に、人身傷害保険とは別計算で定額の保険金が支払われる保険。保険金額は死亡時に最大で1,000万円ほどで、ケガでの入院や通院の場合は、部位や症状によって10100万円ほどとなる。
人身傷害保険 事故によってバイクに乗車している人が死傷した場合の補償。過失割合によらず、治療費用などの実費に対して保険金が支払われる。交通事故によって発生した、ケガの治療費や休業による損害、精神的な損害など様々な損害を補償する。
車両保険 自分のバイクの修理費用などを補償する保険。保険金額はバイクの初度登録から計算した時価となる。免責金額を設定することで保険料を抑えることができる。

保険料を検討する

任意保険の保険料は補償内容や補償対象、また保険金の上限額によって変わってきます。支払える保険料と必要な補償の兼ね合いなどから考えるとよいでしょう。また保険料は保険会社によっても変わります。特に代理店型か、ダイレクト型かによって保険料は変わります。保険料を安くしたい場合は、ダイレクト型バイク保険を選ぶとよいでしょう。

保険料の検討を行うために、実際に見積もりを取ってみることが大切です。見積もりを取ることで、プランに対する保険料を知ることができます。各社の見積もりを個別に取ると手間がかかるので、見積もりを取る際は便利なバイク保険一括見積もりを利用しましょう。

まとめ

納車前にバイク保険を契約することは可能です。その際は、バイクに関する書類や情報を準備しましょう。車両入替を行う場合は、納車日と契約変更日を合わせて、補償の空白期間が生まれないようにしましょう。また納車前で時間に時間の余裕がある場合、補償内容や保険料の各社の比較をしっかり行い、納得のいく補償内容、保険料でバイク保険を契約しましょう。

  • この記事を書いた人

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険のみならずバイク保険に関する様々なお役立ち情報も提供しています。

\バイク保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.