バイクの盗難対策

事前の対策

バイクの盗難対策はU字ロックやアームロックなどが一般的に知られていますが、そうした『バイクを移動させない対策』の他に、次に挙げられる事前対策をバランスよく組み合わせることが盗難防止を考える上で重要になります。

バイクの盗難対策
盗難対策 アイテム
バイク自体を隠し、車種などを特定させない。 バイクカバー
物理的に固定して移動させない。 アームロック
バイクに対する不振な動きに対し警報を出す。 イモビライザー
常に監視できる体制を整える。 監視カメラ
これらの対策をバランスよく組合せることによって、バイクを盗もうとする犯人を自分のバイクから牽制することが可能です。こうした対策によって『犯人に自分のバイクに対する盗難を諦めさせること』がもっとも効果的な事前対策です。

しかし、どんなに対策を行なったとしても盗難の危険を完全になくすことはできないのが現状です。警察庁の発表では、ここ数年で盗難件数は減少傾向にありますが、バイク盗難車両の還付率は依然として低く40%弱で推移しており、これは万が一バイクが盗難にあった場合に約3台に1台しか手元に戻ってこない現状を表しています。盗難後の為の対策は何かされていますか?

バイクを万が一盗まれた際に

そこで、万が一バイクを盗まれたときの対策として効果的なものとして『盗難保険』と『ココセコム』があります。盗難保険はその名の通りバイクが盗難に遭ったとき、保険会社がバイク保険の契約内容(車両協定価格相当)に沿って保険金をお支払いします。したがって、盗難保険では盗まれたバイクが返ってくるわけではありません。
ココセコムとはGPSを使い盗まれたバイクの位置情報を特定し、追跡するサービスです。ココセコムをバイクに車載することによって、PCや携帯電話でいつでもバイクの位置が確認でき、要請すれば緊急対処員が現場に急行してくれます。盗まれたバイクの位置が特定し追跡できることによって、万が一の場合も手元に戻ってくる可能性が一段と上がることが期待できます。
バイクの盗難対策においては十分な事前対策を行った上で、さらにココセコムのような万一の場合に備えたサービスを併せて利用することが良いのではないでしょうか。

バイク任意保険を最大5社から見積もり可能!