保険料を安くするには

保険の自由化以前は保険料が横並びの時代

みなさんはこれまで、いろいろな保険会社の保険料を比較した経験はありますか?保険料はどの保険会社でも同じだと思っていませんか?
1998年以前は、すべての保険会社が保険商品に対して自動車保険料率算定会が出す料率を適用するよう法律で義務づけられていたために、どこの保険会社で契約しても、バイクに乗る条件や運転者の条件が同じなら保険料も横並びの状態でした。そのため他社と保険料を比較する必要はありませんでした。
しかし、1998年の保険の自由化が実施されたことによって保険会社が独自に保険料を設定できるようになったことで同じ条件でも保険会社によって保険料に差が生じるようになりました。

保険の自由化

保険の自由化によりダイレクト系損害保険やリスク細分型保険が登場

主に通販(インターネットや電話、郵送)によりバイク保険の販売・契約をする「ダイレクト系保険会社」は代理店等にかかる中間コストを削減できるため、代理店系保険会社(主に代理店等の対面によりバイク保険の販売・契約を行う)に比べて保険料が安くなっています。

また、「リスク細分型保険」にすることによっても保険料を安くすることができます。「リスク細分型保険」とはドライバーの過去の事故データ、所有する車両の種類などをリスクに応じて区分し、それに基づいて保険料が決定される保険です。リスク要因としては、年齢/性別/運転歴/使用目的/使用状況(年間走行距離など)/車種/安全装備/所有台数/地域 の9つの要因があります。但し、リスク細分型保険だからといって全ての場合で保険料が安くなるわけではありません。事故率の高い区分に属したドライバーは、保険料がこれまで以上に高くなる可能性があるということも認識しておく必要があります。また、保険会社によって「リスク要因の設定方法」や「リスクの評価方法」が異なるため保険料に違いが出てきます。

従って、保険料を安くするためには複数の保険会社で見積もりをとり、比較することが必要なのです。

少し条件が異なるだけで保険会社によって保険料は違ってきます
少し条件が異なるだけで保険会社によって保険料は違ってきます
※ダイレクト系保険会社とは主に通販(インターネットや電話、郵送)によりバイク保険の販売・契約をする保険会社のことを言います。
また代理店系保険会社とは主に代理店などの対面によりバイク保険の販売・契約をする保険会社のことを言います。
ダイレクト系保険会社・・・アクサダイレクト、チューリッヒ、三井ダイレクト 等
代理店系保険会社・・・三井住友海上、損保ジャパン日本興亜、ニッセイ同和損保、富士火災、共栄火災 等
※上記の保険料はあくまでも一例ですので、詳細につきましては代理店もしくは保険会社に必ずご確認ください。
上記のように、補償対象の年齢条件を少し変えただけでも保険料の最も安い保険会社が変わる場合もあるのです。またダイレクト系の中でも保険料に差があることがわかります。バイク保険を比較した経験が無い方はもちろん、過去にバイク保険を比較した経験がある方も再度、保険料を比較してみてはいかがでしょうか。

バイク任意保険を最大5社から見積もり可能!